自動リライトツールによる文章校正のイメージ

昔から、アフィリエイトと自動リライトツールは切っても切れない関係にあります。

これには、「自動で効率的に記事が書けるリライトツールが欲しい」という単純なものだけでなく、その気持ちに便乗して、アフィリエイターが粗悪なリライトツールをアフィリエイト商材として押し付け合っている状況も含まれています。

アフィリエイトの勝ちパターンは決まっています。「第一段階ではティーアップをする、第二段階ではティーアップを軽視する、第三段階では代替案を提示する」という内容のアプローチです。

自動リライトツールを売るのであれば、無料の書き換えツールを一度褒めて、次に欠点を指摘して、代替案として有料のリライトツールを勧めるという図式になります。

このスキームを理解しているはずのアフィリエイターが、いまだお互いに誘導されてしまうのは、人間の「購買欲求」「消費行動」が定型化していることに由来するのでしょうか。

尽きることのない話題ですが、とりあえず脇に置いておき、自動リライトツールにのみフォーカスします。

私は、アフィリエイトの黎明期からインターネット広告の分野に携わってきました。そして、有料・無料を問わず、多くの自動リライトツールを見て試してきた一人です。そしてこの私にして、ワンクリックでテキストを生成できて、書き換え前と書き換え後のテキストの違いがわからないリライトツールにはまだ出会ったことがありません。

数万円もする高価なリライトツールを使っても、数語や語尾を変更するだけで、リライトされた文章は明確なコピーとして認識されます。最近ではAIを使ったリライトツールも登場していますが、残念ながら同レベルです。

リライトしたテキストがコピーテキストと特定された場合は、検索エンジンのインデックスから削除され、検索結果の圏外に放り出されてしまいます。そのため、アフィリエイトで紹介されている既存のリライトツールを「そのまま」ビジネスに使いたい人には、「そうしない方が良い」とはっきりアドバイスできます。

2019年の無料・有料リライトツール、2020年の無料・有料リライトツール、2021年の無料・有料リライトツールなどを比較しているランキングサイトや評判サイト(レビューサイト)、口コミサイトをよく目にします。しかし、これらのサイトは時間の無駄です。挙げられているリライトツールはどれもそもそも役に立たないからです。

既存のリライトツールは、それが無料であれ有料であれ、スペルチェックや文章構成など、ある特定の場面でしか役に立たないと考えています。

文章の印象を大きく変え、言葉遣いまでも変えてしまうリライトツールは、私が知る限り、たった一つしかありません。それは何とcoconalaで販売されています。それ自体はツールではありませんが、質の高いリライトをあっという間に実現するためのアイデアと具体的な方法がまとめられた「半自動リライト方法」という名称の商材です。

「半自動リライト方法」は、以下のようなリライトをあっという間に完了させることができる優れた自動リライトツールです。率直にこれは本当にすごい!!ニトリも驚く「お値段以上」です。

—文章書き換え前—

リライトとは、すでにリリースされている記事をテーマは同じままで文章を書き換え、ユーザーの利便性を考慮した、より良いコンテンツへとブラッシュアップしていく作業のことです。

—文章書き換え前—

—文章書き換え後—

リライトとは、すでに公開されている記事を取り上げ、テーマはそのままに文章を書き直し、内容をブラッシュアップしてより使いやすいものにすることです。

—文章書き換え後—

リライトツールの性能を測るときは長文を使うべきだという人がいます。しかし実際は、文章が短いほど印象や言い回しを変えるのが難しく、文章が長いほど簡単なのです。つまり、「半自動リライト方法」は、これだけの短い文章で、文章の印象を大きく変えることができる、非常にハイスペックな書き換えツールと言えるでしょう。

このリライトツールの販売者が、実際にさまざまシチュエーションに対してリライトした事例をブログ形式で紹介しています。